« 寄り道中 | トップページ | 好天気! »

2008-06-12

またもや国会空転です

野党が首相の問責決議案を参院に提出し、賛成多数で可決。

これにより、明日からの衆院・参院への本会議への出席を見送る方向。

(共産党は会議への出席を行うとのこと。)

それに対し、与党が内閣信任決議案を衆院に提出し、明日の本会議で可決の方向。

 

何やってんの?

何の意味があるんだろうか??

 

問責決議案の提出について、野党側からは

『 直近の国政選挙で支持を得た我々が提出する問責決議案は、民意と取ってもらいたい。 』

確かに、昨年の参院選挙からの選挙結果を見ると、野党支持の流れがあり、それを民意と取ることは道理が通る。

しかし、国会も期末に入ったこの時期は無いんじゃないの?

しかも本会議に出席しないって、どういうことさ?

(本会議への出席を明言している共産党は、非常にエライと思う。)

 

一方、それに対抗するかのように出された内閣信任決議案。

これこそ何の意味がある?

郵政選挙でとんでもない数の議員を確保した与党がこんなものを提出したって、可決されるに決まってるじゃないか。

伊吹のオッサンは、参院の問責決議案に 『 法的根拠は無い。 』 と言っていたが、

「 民意 」 の根拠はあるんだよ。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

昨今の政治家は本当にバカに見える。

いつ頃から政治家がバカに見え始めたのかなーって思い出してみると、個人的には橋本龍太郎のころからのような気がする。

政治というものを授業で知り始めた頃。

 

それに、ふと思うことがある。

国政選挙というものは、

人に投票するべきなのか?

それとも党に投票するべきなのか?

 

現在の政治状況、地方分権のあり方などを見直ししている現状であれば、

やはり 『 党 』 への投票が正しいような気もする。

 

昔であれば、『 おらが町 』 の議員さんを国会に送り込み、少しでも 『 おらが町 』 を活性化させて頂くべく、『 人 』 に対しての投票が中心にあったと思う。

しかし、現在は地方分権の見直しをしており、『 地方のことは地方で 』 という流れに傾いている。

であれば、『 おらが町 』 の議員さんが必要となるのは、その地方地方になる訳で、地方選挙こそ 『 人 』 への投票となる。

 

一方、国会は国全体の枠組みを決める・見直しする場である事から、国政選挙こそ各党が発行するマニュフェストの内容を確認し、その内容に納得できる党に投票するべきと思う。

つまり、全てが比例代表になってしまう訳だが、それでは各都道府県で国会議員が一人も居ません・・・みたいな状況になってしまう事もあり得る。

そこで、関東・東北・関西などのブロック別比例代表名簿を作成し、各ブロック別の投票結果に応じた議員数の割り当てなどにしたらどうだろうか?

まぁ、選挙について詳しいわけでもない俺が思いつく内容なんて、そんな簡単にはいかないでしょうけど。

それでも、この選挙方式のほうが民意を直結的に反映出来るのではないだろうか?

 

 

いずれにしても、今の内閣ってのは一度も民意の判断を受けていない訳で、

そんな内閣が存在してるってことが問題なのかな?

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

話しはガラっと変えますが、

五輪のバレーの組み合わせが決まりましたね。

女子は厳しい組に入ったな。メダルどころじゃなくなってきたぞ。

男子は初戦がイタリアだって。

こりゃリベンジの大チャンスじゃ!

 

 

|

« 寄り道中 | トップページ | 好天気! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもや国会空転です:

« 寄り道中 | トップページ | 好天気! »