« また。。。 | トップページ | 事件は現場で起こってるんだ! »

2009-05-12

反撃の狼煙

今日は記事を書くつもりはなかったんですが

書かざるをえまい。

 

ついに民主党の小沢さんが代表を辞任してしまった。

熟考に熟考を重ねての決断でしょうから、

その決断に批判はしません。

 

しかし、それでよしと思われている民主党の議員に腹が立つ。

今回の一連の問題は、何が問題の本質なのか

理解していてそういう態度を取っているのか?

ハッキリ言って、今回の一連の件で民主党には相当呆れました。

物事の本質を理解していながらも、検察の手法におびえ、

我が身の保身に走った党員が多数いたことを。

特に前原、仙谷、渡辺、こいつらには腹が立ちすぎて

目の前に現れたら間違いなくぶん殴る。

しいて言えば、鳩山だってそう大差無い対応してる。

お前らは何なんだ?自民党の手先か?

だったらさっさと離党して自民党に行け。

 

 

小沢さんは選挙で勝つために代表を辞任すると言われました。

小沢さんはわかっているはずです。

世論の中には、小沢辞めるなという声も多数あったことを。

しかし、世論に誘導されやすい無党派の人たち

・・・

小泉時代にB層と言われ、

物事の本質を見抜けず、

新聞やテレビで(ねつ造して)報道される

表立ったことでしか物事の判断をしない

・・・

この人たちの支持を集めなければ選挙に勝てないと踏んだのでしょう。

そのために代表辞任という道を選んだ。

そうであって欲しいです。

 

 

今回の件を受けて、また新聞各社やテレビ局は

自民党の広報機関である電通に世論調査をお願いするのでしょう。

そして、出てきた数字を適当にいじって

独自調査の結果

と称して一斉に報道するでしょう。

きっと、民主党の支持率は上がりませんでした

的な内容の結果になるんじゃないか。

いい加減、国民は気づいてるぞ。

 

 

小沢さんの会見の最後の言葉に惹かれましたので掲載します。

私の政治家としては、まったくこの政権交代、国民生活第一の政治、国民サイドに立った政治、そして日本における議会制民主主義の確立、こ れが樹立されれば、少なくともそのスタートを切れるということを自分の目で確かめることができるとしたならば、それはまさに政治家の本懐、男子の本懐、そう考えております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これで、小沢さんは検察(=自民党・公明党)に

売られたケンカを正式に買った訳です。

買ったからには、ここから相当な反撃が始まるはず。

いや、そうでなければいけない。

男・小沢一郎の生命をかけた戦いを見せてもらいます。

 

 

|

« また。。。 | トップページ | 事件は現場で起こってるんだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反撃の狼煙:

« また。。。 | トップページ | 事件は現場で起こってるんだ! »