« ゆっくり寝たい! | トップページ | とりあえず開始 »

2010-11-29

降着

見ました。

ジャパンカップ。

降着は厳しいかなぁと思いつつ、

JRAのホームページにあるパトロールビデオを確認したら、

確かにブエナビスタが斜行してる。

しかしながら、斜行にはブエナで2度、

ビクトワールピサで1度の斜行が発生してる。

 

 

まず一つ目のブエナの斜行。

これは大外から内側に寄せて行くときに発生。

この時もローズキングダムは進路が狭くなっているが、

この時のブエナの脚色が格段に良く、

ローズは半分置いてけぼりのような感じなので、

斜行と言っても、それほど影響は発生していない。

 

続いてピサの斜行。

直線で単独になった際に、右に寄れてる。

これにより、ローズは若干だが右側に進路を

取らざるを得なくなった。

しかしながら、ピサはローズに着順で負けているので、

審議の対象にはならないってことでしょう。

※実際、ピサは斜行した直後に、ジョッキーが

ローズキングダムに気付いて進路方向を修正してる。

 

最後にブエナの二度目の斜行。

ブエナはローズが真後ろに居たのを知ってか知らずか、

ピサとの合わせ馬の形に持って行こうと

左側に斜行していく。

結果、ピサの斜行で右側に進路を取っていた

ローズは大ブレーキ。

武は手綱引いてブレーキをかけ、

ブエナの更に外側に進路を取って

再度追い出しを行っている。

 

ブエナはそのままピサ、ローズを振り切りトップでゴール。

足が上がったピサを、再度エンジンが掛かった

ローズが鼻差捉えてゴール。

 

 

国際GⅠ・・・というか、GⅠであれだけ長い審議って

初めて見ましたが、結果としては妥当な感じも。

審議を行った人たちも、非常に頭が痛かったでしょうね。

何と言っても、審議対象が一番人気、

現代の競馬を代表するスーパーホースですから。

 

 

個人的な感想ですが、

パドックから返し馬、ゲート入りに至るまで

ブエナビスタに負ける要素は何一つ無かった・・・なと。

威風堂々としていて、

『 あたしが負ける訳無いでしょ 』

みたいな感じに見えました。

しかもレース直後には落馬寸前!ってほどに躓いてた。

(これはレース中には全く気付かなかった)

普通、あんなに躓いっちゃったら、

馬が焦っちゃってレースどころではないようになるのでは?

そんな点を考慮しても、ブエナビスタは強い馬だなぁと

改めて感じました。

今日の敗因は一言、ジョッキーですね。

悪気はなかったんでしょうけど。

 

ローズキングダムについては、

パドックから雰囲気あって、今日は走りそうだなぁって感じ。

相変わらず細く見えましたが。。。

実際、あれだけの不利がありながら、

最後には先行するピサを差し切ってる訳ですから。

強い馬です。

もし不利なく進んでいれば、、、

ローズが差し切っていた、ブエナが抑え込んだ・・・と

色々と意見が分かれるところでしょうが、

競馬にレバタラは禁物ですから。

素直に結果を受け入れましょう。

 

 

日本馬は強くなったねぇ。

着順の結果をみると、下位はほとんど外国馬だもんね。

外国馬も、日本の馬場向けの馬じゃないと

ジャパンカップはもう勝てないんだね。

 

最後に、

武ジョッキーはこれで23年連続GⅠ勝利ですね。

素晴らしいの一言。

こんな感じで勝利が転がり込んでくるのも

運と言えば運ですが、

やはり何か持っている人なんだなぁとつくづく思いました。

怪我も治ったようなので、これからも元気に

活躍して欲しいです。

 

   

|

« ゆっくり寝たい! | トップページ | とりあえず開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降着:

» HAU BLANCHE-(ハウ ブランシュ)2way・ジュエリー・アクセサリー・誕生石 [HAU BLANCHE]
モデル、芸能人が愛用、オンオフどちらも心地よく過ごす着替えが嬉しい2WAYピアス、ふたつの誕生石と想いを包みこむセミオーダージュエリー [続きを読む]

受信: 2010-11-29 17:06

« ゆっくり寝たい! | トップページ | とりあえず開始 »