« 2011年1月 | トップページ | 2011年8月 »

2011-03-29

ボランティア

先日の日曜日、

会社の同僚と一緒に鹿嶋市へボランティアに行って来ました。

ボランティアの内容は、

床上浸水した家の家財運搬や、

津波で流されてきたゴミや土砂の撤去。

一日だけでしたが、貴重な体験でした。

 

 

鹿嶋市の惨状はあまり報道されていませんが、

先に述べたように津波による床上浸水した住居があり、

また津波により運ばれた海上輸送用コンテナが

そこらへんの田んぼの真ん中に転がっているあり様。

しかし何よりも酷いのが、

液状化による地盤沈下。

市内の海側に被害が集中しており、

全体的に50cm程度は下がっているのでは?

パチンコ店の建物は何一つ被害を受けていないが、

その周囲の駐車場が全域で沈下している・・・

と言った状況も確認出来ました。

電信柱も至る所で斜めになってるし、、、

鹿嶋市でこの状況なら、

岩手・宮城・福島はいったいどんな状況なのか。。。

 

 

とりあえず、

4月中旬にボランティアに行くことにしました。

会社の組合経由で参加するものですが、

恐らく宮城か岩手になると思います。

派遣期間は1週間の予定ですが、

少しでも被災地の皆さまの力になれればと思い、

全力で頑張ってきたいと思います。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011-03-23

想定外

最近テレビでよく耳にする

『 想定外 』

この言葉は、簡単に使用しないほうが良いと思う。

 

想定 = 考える、検討する

ということと捉えているが、

単純に理解すれば、

考えたり検討したりすることをやっていないということ。

 

即ち、

想定外とは

考えたり検討したりしなければならないことを

行っていないだけであり、

単なるヒューマンエラーにすぎない。

昨年参加した会社の研修会で、以上のように教えられました。

 

 

東電幹部が記者会見で「想定外」と連呼していたが、

自分たちのミスを声高らかに言いふらしている

だけにしか見えない。

せめて、

『 設計では10mを超える大津波が来た時も

大丈夫なように設計していませんでした。

だから現在のような問題が発生しているのです。』

と回答するのが正解ではないかな?

 

 

しかしまぁ、

今回発生している福島第一原発の問題。

簡単に「想定外」と言ってはいけない事実も出てきた。

リンクも貼らせて頂いている『きまぐれな日々』の記事によると、

小泉政権~安倍政権の時に、

共産党の吉井議員が国会の場で福島第一原発の

危険性について追及していた模様。

しかも吉井議員の発言は、今回発生している問題と

全く合致しているじゃないですか。

 

(詳しくはこちら↓)

きまぐれな日々

都知事選で小池晃は「防災」を争点にして石原慎太郎を倒せ

 

こりゃますます『想定外』なんて言葉は発してはいかんね。

想定外でもなんでもない、国会の場できちんと論議されているんだから。

 

 

今回の事故、

個人的にですが、事故発生直後から

東電のヒューマンエラー以外のなにものでもないと思ってます。

福島第一原発の最前線で頑張って頂いている作業員の

皆さまには頭が下がりますが、

会見等で見る東電の幹部の対応・説明の悪さには

呆れかえるばかり。現場もグダグダなんだろうなぁと。

今まで一緒に仕事をさせてもらった東電の社員の方々は

物凄く知的で立派なのに、上の連中があれじゃねぇ・・・と

可哀そうに思ってしまう。

東電の偉い連中は全員腹切って今回の事故の責任を取れ!

と言いたい今日この頃でした。

 

・・・まっ、

ほっといても各県・各市町村からの賠償責任云々で

東電は立ち直れないほど痛めつけられるんでしょうけど。

一時的に(JALのように?)国有会社になるんだろうなぁ、、、

と見てますが、果たして?

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

私ごとですが、

4月より部署移動を命じられました。

勤務場所・建物・フロアまで変更無しですが、

今まで15年間勤めた設計・現地担当の部署から

現地の安全を管理する部署への移動となりました。

全くもって一からのスタートとなりますが、

出来ることを一つずつこなして、現地で勤務される方が

安全で楽しい現地になるよう

努力し頑張っていきたいと思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年8月 »