書籍・雑誌

2008-09-22

男と女

無事、研修より帰って参りました。

3日3晩飲み続け。完全な睡眠不足。

都内の研修はすぐに飲みに行ってしまうからなぁ。

財布も空っぽになりました。

研修会終了後、すぐに職場の連中とバレーやりに行っちゃったんですよね。

おかげで、昨日の晩はガス欠状態。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

で、その研修会の中に、

『 男と女の共存 』 というようなテーマについて

先生のお話を聞く講座があったんですけど。

非常に楽しかった。

先生のお名前は 石井希尚 。

本も多数出版されている有名なかた。

 

 

男と女の違い

というものについて、ひとつひとつ例えを交えながら説明してくれる。

「 うちの嫁さん、そーなんだよ!」

「 俺、嫁さんにそんな態度しちゃってるよ!!」

って何回もうなずき、共感してしまった。

笑いあり、大きな感銘あり。

非常に有意義な時間を過ごしました。

2時間の講座があっという間に終わってしまったって感じ。

 

講座終了後、石井先生の本を速攻で購入したのは言うまでもありません。

すんごいお勧めです。

 

この人と結婚していいの? (新潮文庫) Book この人と結婚していいの? (新潮文庫)

著者:石井 希尚
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-02-07

たまには・・・

おいっすぅ。やまさんです。

明日から当面の間は、川崎の現場に通う事になりやした。

家からは近いんで楽なんですけど、朝が若干早くなるので、夜型人間の俺っちとしてはチト辛いなぁって思ってます。

しかも東京の現場のほうもチョロチョロとフォローに行かなければならないし、横浜の会社での仕事もあるのでケッコー大変かも。

昔はこんなに仕事任されなかったんですけどね。

俺っちが成長したってことでしょうか? ( ̄∇ ̄*)ゞ

 

だったら給料上げてくれ ヽ(;´Д`)ノ

_______________

川崎の現場は、所長さんが俺と同郷の秋田出身で、一昨年~昨年まで一緒に仕事をさせて頂いた仲で、気心が知れてるってのは安心が持てます。

そのほかに居る人達も、何度か一緒にお仕事をさせて頂いた人や、一緒にフットサルをやってたりする人も居るので、現場内の人間環境はそんなに心配してません。

気になるのは・・・お客? ( ̄□||||!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日は仕事帰りにチョロっとパチンコ屋に行ってきました。

最初はパチンコの スーパー海物語 を打ってたんですが、あまりにも回らないのと何となく出なさそうって雰囲気だったのでサッサと止めて、パチスロの ファイナルジャグラー を打ちました。

2千円でお化け(REG)を引いて、まぁこれ呑まれて終わりだろうなと思ったら、そこから100G以内のBIG4連しまして、最終的には1万チョイ勝たせて頂きました。

(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

たま~にパチンコ屋行くと良い事あるもんだね。

昨年は11月の頭から12月の頭まで連戦連勝で勝ちまくってたんだけど、その金をぜ~んぶ飲み代に使っちゃったりしてたんで、年が明けてからはパチンコ屋に遊びに行く 元銭 が全然無かったんですよね。

今回勝ったお金は大事に使いたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さてさて、あとチョッとで読み終わるはずだった 『 月に響く笛 / 耐震偽装 』 ですが、なかなか読む時間が取れないまま今日に至った訳ですが(←パチンコ屋行く時間あったら読めよって気もしますが・・・)、今日家に帰ってきてから続きを読んでまして、本当にあと少しというところまできました。

この記事をUPしたら最後まで読み切りたいと思います。

皆さんも是非買ったほうがよいですよ、この本は。

偽装の手口がどうだったとか、本当の黒幕は誰だったとか、色々書いてありますけど、そういったことよりも 真実を知る ってことが一番大事だと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ぜんっぜん関係ありませんが・・・

NHKのBSニュース。

深夜の時間帯担当のアナウンサーの名前が

『 昼間さん 』

って言うんですよね・・・・

           わざとか?・・・( ̄  ̄;)

 

 

記事をUPしようとしたら、眞鍋師匠が記事をUPされていたのでトラバってみようと思います。

・・・・・・・・

パンダ・・・

      可愛くねぇ・・・と思うのは俺っちだけでしょうか?

って言うか、小さくなっていくのにつれ顔の絵が雑になているような気が・・・

んまぁ、眞鍋師匠が気にいっているなら、良しとしますか♪

| | コメント (6) | トラックバック (24)

2007-02-04

本を殆ど読み終わりました

おいっすぅ p( `o´ )q

今日も仕事なやまさんです。

さっきまで、高さ30mにある点検歩廊(もちろん屋外!)で仕事してたよ。

    風が超つえぇー!

        & すんげぇさみぃー

さきほど事務所に戻ってくるなり、エアコンの設定温度をMAXの 『 28度 』 、風量を 『 急 』 に変更しました。

なかなか体温が戻ってきません。

こういう時はストーブのほうが有利なんですけどねぇ。

エアコンが効き始め、耳の廻りの体温が戻ってくるのを感じつつ、ホットコーヒー(ブラック)を飲みながら 『 幸せぇ~ 』 を感じている今日この頃、皆さんどうお過ごしでしょうか?(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、

1月30日の記事 で紹介させて頂きました本

   『 月に響く笛 / 耐震偽装 』

ですが、なかなか読む時間が無かったんですが、一昨日の出張の際、行き帰りの移動中にずーっと読ませて頂きました。

おかげであと30分~1時間程度あれば全部読み終えるというところまで読破できたところです。

内容は・・・言いませんよ (笑)

是非買って読んで頂きたい。

ノンフィクションものの書籍としては少々高い値段のような気もしますが、それだけの価値はある本だと思います。

別に俺っちは出版社の回し者でも

何でもありませんが (^^;;

アマゾンの評価レビューにもありましたが、著者であるイーホームズ社長・藤田さんの一方的な意見・考察が、耐震偽装の発覚から発表、国会参考人招致、その後までを順を追って書かれている書籍なのですが、、、

『 藤田さんの一方的な意見・考察 』 という点を省いたとしても、

昨年末から日本全国民を巻き込んだ 『 耐震偽装 』 という事件が、我々国民はいかにメディアによって踊らされ、間違った方向に導かれたが理解出来ます。

そして、そのメディアの旗振りをしたのが国側・・・即ち 『 国会議員 』 『 官僚 』 であり、その旗振りの受け手を行なったのが日本最大発行部数を誇る 『 読売新聞 』 だったということが理解出来ます。

もしも、こういった裏側の操作が無く、

当初イーホームズ社長・藤田さんが思い描いていた通りに進んでいたとしたならば、、、

国側(大臣・官僚)の処罰が一番大きく、

我々国民の税金から多額の費用が支出されることはあったにしろ、

イーホームズならびにヒューザー、木村建設への罰則は発生し、

それでも、これに携わっていた全ての民間会社が潰れるようなことは無かったのではないかと思います。

<何人か死者も出ていますから。(恐らく自殺と思われる・・・が真相は不明。ライブドア事件の野口さんと一緒ですね…)>

 

この 『 月に響く笛 / 耐震偽装 』 において、藤田さんが一番に伝えたいと思っていること。

事件について国民が間違った理解をしており、それを正したいということ。

 

今回の事件、真の犯人 は・・・

構造計算書を改ざんした姉歯でもなく

その計算書を見落としたイーホームズでもなく

構造計算書の改ざんを要求した木村建設でもなく

木村建設に安く工事を発注していたヒューザーでもなく

建築基準法を満たしていない建物の設計条件でも、構造計算が実施出来てしまう構造計算プログラムソフトを、 『 大臣認定 』 として認可してしまった国土交通省が真の犯人である。

 

この 『 大臣認定 』 された構造計算ソフト。

どういったものかと言うと、建物に必要な柱・梁・床・壁などの条件を、設計図の配置計画に沿って入力し、更に地域毎に違う地盤係数や風に対する係数、地震係数、また設計者の意図によるところが大きい安全率などを入力し、その建物が建築基準法で定められている耐震性能に合致している構造かどうかを確認・計算するためのソフト。

この ソフトには重大な欠陥 があります。

どのメディアを見ても、これについて言及している記事はありません。

その欠陥とは、耐震性能が 『 OK 』 だろうと 『 NG 』 だろうと、一通り計算が実施出来、且つそれを構造計算書としてプリントアウト出来ることです。

これについては、著書の中でも藤田さんが大きく触れてられますが、国土交通省に集まった多方面にわたる複数の建築関係の教授・先生方も一様に 『 えっ?なんでそんなソフトが世の中に出回ってるの? 』 と言ったそうです。

実際にそのソフトを使用している人にとっては常識で知っていたとしても、使用しない人にとっては考えられないようなソフトとなってます。

そりゃそーですよ。建物の数値を入力して、計算をして、一番最初の結果に 『 NG 』 ってエラーメッセージが表示されても、その計算結果をプリントアウトして、『 NG 』 って書いてある頭紙のページを抜き取っちゃって、『 OK 』 って書いてある頭紙を添付すれば、どこに間違いがあるかわからない構造計算書が簡単に出来上がってしまう。

構造計算書なんてのは、数百ページから多いものでは数千ページになるのだから、どこが間違ってるかなんて計算書上では探しようもなく、間違いを探そうとするなら計算ソフトに再入力して画面上で確認しない限りは絶対に発見出来ない。

構造計算書の改ざんが発表された際、メディアはこぞって 『 計算書の間違いを見落としたイーホームズが悪い 』 な~んて報道をしてました。(この報道のコントロールは国土交通省が行なっていた・・・)

これは間違いであって、特定行政庁やイーホームズのような 『 指定確認検査機関 』 に求められている 『 確認審査 』 の業務内容は、あくまでも確認であり要所のチェックであり、 『 構造計算書を最初から最後まで全部チェックしろ 』 なんてことは一言も法に書いてありません。

提出された確認申請図書に添付されている構造図と、計算書に記載されている部材やその配置等が、間違っていないかのチェックだけで良い。

(著書の中で藤田さんは、『 国土交通省は確認検査機関の指定などを行なっているが、その検査機関の実務内容について、彼らは何もわかっていない・・・ 』 と嘆いておりました。)

よって、メディアは 『 国土交通省がそう言ったんだからそれが正しい 』 みたいな感じで 『 イーホームズ = 悪 』 の図式で報道してましたが、結論として、国土交通省は自分達が管轄している法律の内容すらよく理解出来ずに報道をコントロールし、イーホームズは法に準拠し適正な業務をこなしていたことから、メディアが報道した内容は間違いだったって事です。

 

で、話を戻しますが、確認審査における構造計算書は要所のチェックだけで良い。

それは何故か?

理由は

     『 確認申請図書に添付する構造計算書は、

          大臣認定された構造計算プログラムを

                          使用する事が絶対条件 』

だからです。

大臣認定されたプログラムを使用する限り、間違った・・・即ち、耐震基準に満たない建物の場合は 『 NG 』 と表記される訳で、それでは確認申請は認められない。

笑っちゃうくらい単純でしょ?

市場に出回っている 『 大臣認定の構造計算プログラム 』 を使用し、先ほど記述した手口を巧妙に使えば、設計者が意図的に 『 NG 』 の建物を確認申請しても、それを知っていない限りは要所のチェックしか行われない訳で、しかも申請図書に添付された図面も計算書もすでに偽装された内容で申請を提出されておることから、その建物が 『 NG 』 であることを発見することは ほぼ不可能 な訳です。

藤田さんは、 そんないいかげんなソフトを 『 大臣認定 』 をしてしまった国土交通省が、反省の色もなく我々民間に対して全ての責任をなすりつけようとするのか・・・何故役人はこうも自分たちの保全を第一に考え国民の命を守ろうとしないのか・・・

そこに深く傷ついておられるようです。

 

今回の事件の発覚後、建築基準法が一部改訂され、この 『 いいかげんな構造計算ソフト 』 に対する対策もいくつか取られたようですが、未だに国土交通省は自分たちの間違いを認めようとしないですね。

本気でムカツク。

俺っちの高専の同級生が国土交通省に在籍していますが、彼と会う時はなるべく仕事の話(と言うか、国土交通省についての話)をしないようにしています。

俺っち、国土交通省の不甲斐なさ、いい加減さに、一度本気でそいつにキレちゃった事がありますから。

あれは申し訳なかったなぁ・・・そいつとは凄い仲が良いんですけどね(笑)

あの時はごめんちゃい m( __ __ )m

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とまぁ、世の中には知っても知らなくても良い真実って沢山あると思いますが、個人的な意見としては、今回のこの 『 耐震偽装 』 については皆さんに真実を知って欲しいと思っています。

最近では 『 アパ 』 関連の建物で盛り上がりを始めておりますが、藤田さんの著書ではその 『 アパ 』 についても触れられておりますので、興味のある人は是非著書を購入して読んで頂きたいと思います。

 

なんか、真面目な記事を書いてしまった・・・

今度は笑い取れるように頑張ります!

 

ヾ(_ _。)ハンセイ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-01-30

本が届きました

右肩と・・・

腹筋、背筋、両腕、両太もも、両ふくらはぎ、右足首・・・

ハイ、現在やまさんの体の痛いところです。

昨日のバレー部練習試合に参加した結果です。

チョー体いてぇ~

でも筋肉痛が翌日にキタってことで、

若干喜んでおります( ̄m ̄* )ムフッ♪

まだまだ体若いね、俺っち。

試合でもそこそこ活躍できたし。

ちなみに試合の結果は圧勝でしたy( ̄ー ̄)y

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昨日の練習試合が終わって家に着いたところ、アマゾンで頼んでいた本が届いておりました。

490378600501

   

月に響く笛 / 耐震偽装

            著者  藤田 東吾

   

著者の名前でピンときた方は鋭いですね。そうです、昨年の耐震偽装で話題になったイーホームズの社長・藤田東吾さんの著書です。

この本を知るきっかけになったのは、リンクにもありますが 『 きっこの日記 』 。

こちらの 1月25日の記事 を読んで知りました。

・・・

実はですね。俺っち、こう見えても建築の仕事やってます。

なので、昨年の耐震偽装が発表されマスコミが騒ぎ立てたときは、テレビも新聞もかじりつくように見入ってました。やっぱりこういう奴らがいたか!って感じで。

ですが、(ここから先は個人的な意見ですが)これから詳しく調べて悪い連中が暴かれる・・・ってところで 『 ライブドア 』 絡みの報道が入り、気がつけば耐震偽装の話は 『 姉歯さんが勝手にやった 』 みたいな感じで事件は解決・・・

んなわきゃねーだろ!

設計者が構造計算改ざんして何の得がある!!

    検察何やってんの?

       誰かに指示されちゃった??

と思いながらも、人間って単純なもので、テレビやら新聞やらで情報が目に入ってこないようになると、頭の片隅からもその 『 事件 』 が抜け落ちてしまって、いつの間にか忘れたり遠い記憶になったりするんですよね。

そんな状況で 『 きっこの日記 』 を読んだ訳ですが。。。

ほほぉ、こりゃぁ面白い ( ̄ー+ ̄)

どこまでが真実で嘘かはわかりませんが、少なくともツジツマは合う。日記の他の記事も読めば読むほど、真実味が湧いてくる。

じゃぁ、今まで俺たちがテレビや新聞で仕入れていた情報って何なの?全部作り上げられた情報??何の意味も無いじゃないか。

この国おかしいよ。

もしこの情報が本当だとしたら、俺たち一般市民は本当にただの間抜けで、日本の 『 政治家 』 という肩書きを持った悪党どもに、ただただ踊らされて生きている事に過ぎない・・・

そう感じちゃったんですよね。

で、藤田さんの著書をすぐさま購入しようと思い調べてみると、どうも圧力やら何やらで取り扱っていない書店もあるとか・・・

※著書の頭書きにもありますが、もともとは文藝春秋社より出版される予定だったのですが、圧力がかかり出版停止に追い込まれ、違う出版会社からの出版となった経緯がある。

なのですぐさまネットで検索、アマゾンで取り扱っていたので購入をしました。

まだ読み始めたばかり(数ページ)で感想も何もありませんが、読んでいく中で感じたこと・思ったことなどをブログで紹介出来ればと思います。

・・・・・

ちなみに、今話題のアパホテルですが、国交省に最初に通告したのは藤田社長です。しかも昨年の3月のことです。何故今まで国交省は動かなかったのでしょう?

アパの会長は、安倍首相の後援会 『 安晋会 』 の副会長だそうです。

そういえば、ヒューザーの社長も 『 安晋会 』 に入ってましたね。

他にもまだまだありますが・・・興味のある人はリンクにある 『 きっこの日記 』 を読んでみてください(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。

別に政治批判・悲観をするブログにするつもりはこれっぽっちも無いんですけど、今の政治家って見てるだけで悲しくなっちゃいますモンね。

あまりにもアホ・馬鹿が多い。欲出し過ぎ。

    女性を機械に例えて言うと・・・

そんなのいきなりの例えでなんか出ねーよ。常日ごろからそー考えてんだろ。アホか。

    国民の意思を汲み取り憲法改正を・・・

本日の報道ステーションで世論調査の結果が放送されていましたが、今国会で取り上げられる4つの政策課題のうち、最も取り上げて欲しい政策は 『 格差是正 』 ですから。

『 憲法改正 』 は全体の4%しかありませんから。

4つの政策課題の中でぶっちぎり最下位(爆)

小沢さんもさぁ、領収書見せる準備があるとか言わないでさ、『 これが領収書です 』 ってサプライズ的な演出でも構わないから、アホ自民党の先を行く一手を打ってくれよ。

とは言っても、秘書の寮を建てるからって4億円は使い過ぎですけどね!

。。。。。。。。。。。。。。。

はぁ~一生懸命働くのがアホっぽいね。

もう寝ます。

おやすみなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)